あわくらみらいアカデミー

活動内容

実施期間

日程(曜日・時間):月1回土曜日午後
対象年齢;小学校4年生~中学校3年生

何をしているところか

「あわくらみらいアカデミー」は2017年に、村役場内で「村民が生きるを楽しむためにはどうしたらいいか」という問いに対して、子どもたちに「自信をもって村から羽ばたいてほしい」という思いから「あわくらみらいアカデミー」がスタート。2020年から一般社団法人Nestがその思いを引き継ぎ、活動を行っています。子どもたちの「やりたい!」を引き出し、地域資源を活用しながらカタチにすることを大切に、今は地域の方々や村内の様々な場所をお借りして、様々な活動を行っています。

想い・大切にしていること

この活動を通じて、子どもたちの自信・主体性を育みたいと思っています。変化の激しい時代、正解のある課題は少ないと考えています。そのために、活動中はできるだけ「こうしましょう」「これをやってはいけません」ということは伝えず、子どもたちに考えてもらうようにしています。この活動がそんな時代を生きていく子どもたちに、自分なりの正解を見つけていくためのきっかけになればと思います。

子どもたちの様子

今まで、火起こしお菓子作りなどを実施してきました。活動中、関わる大人の人数が限られています。なので、「どうやったらいい?」と大人に聞くのではなく、子どもたち自身が「どうやったらできそうか」を考え、「こうしたらどう?」と意見がでます。また、中学生が小学生の面倒を見てくれたりという場面が生まれています。子どもたち自身が考え行動する機会が、自然に楽しみながら起こるようになってきているのは嬉しいです。

今後どうしていきたいか

今後は、私たちが地域のヒト・モノ・コトのつながりを増やすことで、子どもたちにほんものに触れる機会やチャレンジする機会を増やしていきたいと思っています。今は子どもたちのやりたいことが中心ですが、「それ面白そう!」と感じてもらえるような企画をこちらから投げかけ、視野を広げ、学びを深める機会も作っていきたいです。

保護者へのインタビュー

次女は、お姉ちゃんの後ろについていくような子でなかなか自分から行動したり、下の子の面倒を見るなんてことは家ではありませんが、この活動中は、何か提案をしたり、下の子の面倒を見たりと家では見せない顔を見せているようでびっくりしています。
本人も毎回楽しみにしているようで、この活動を通じていろんな力を発揮してほしいなと思います。

移住希望者へのメッセージ

私もIターンなのですが、皆さん快く受け入れてくれる風土があるなと感じます。豊かな自然を楽しむ人、新しい挑戦をする人、小さな村ですが、村のキャッチコピーである「生きるを楽しむ」をいろいろな場所で実践されている多様性が詰まっている村です。その人らしさを大切にしてくれる村なので、まずはぜひ遊びに来てください。焚火をしながらお待ちしています!